口臭と口腔内の関係

  • 投稿日:
  • by

口腔内と口臭...非常に深い関係があるものですから、口腔内の状態をまずはよくしておくこと、それが大切です。
それでもニオイが感じられる場合は他の原因を考えればいいのです。

口腔内というと、まずは舌から考えてみてください。
舌は、今の自分の健康状態を知ることができるものです。
健康な場合はピンク色をしていて、小さな突起物がいくつも存在します。
それが体調に異変があると、舌の状態があまりよくなくなります。
赤くなりすぎているとか、白くて色がないような感じがするとなれば、健康状態がよくありません。
健康状態がよくない状態の舌は、時に口臭の原因のひとつになってしまう事が多いです。

舌が原因となるのは、主に舌苔が関係しています。
舌苔は舌の上に乗っかっている、白い汚れです。
これは溜まれば溜まるだけニオイを発するようになります。
汚れなのですから当然です。
そのため、舌磨きもきちんとして、余計な舌苔は取り除くようにしなくてはなりません。

しかし、場合によっては舌苔をとりすぎたことによって起こる口臭もあります。
舌苔を取り除こうと思って頑張って磨いていると、どういても舌の表面に傷がついてしまいます。
その傷を治そうと思って体が働いてしまうため、口臭を悪化させるのです。
舌苔は舌の汚れではありますが、通常は適度に舌には舌苔がついている状態がよく、適度な状態が一番ですから、舌苔のとりすぎには気をつけてください。

次に考えられる口腔内の原因は、やはり歯周病です。
口臭がする人の中には、歯周病を起こしている人が非常に多いため、注意しなくてはなりません。
歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の間の溝で菌が繁殖してしまうので、それが口臭にもなります。
また歯周病が進めば進むほどに歯茎の状態が悪くなるため、それも口臭を引き起こすことになるでしょう。
年齢とともに歯茎にも老化が見られますので、特に年齢を重ねて歯茎の健康が危ぶまれてきたころには、気をつけなくてはなりません。

同様に口腔内の問題となっている虫歯もそうです。
虫歯自体も嫌なニオイを発生させますし、虫歯ができやすい口腔内の環境というところは、決して清潔な場所ではないはず。
当然食べかすなどが残りやすい状態なので、それが影響してニオイを発生させています。
虫歯が進行すればするほどにニオイを強くしてしまいます。

口腔内は口臭に大きな影響を与えている場所なので、きちんと口腔内をいい状態に整えることが、解決への道だと思います。

そして口臭だけでなく、体臭や加齢臭など、『臭い』は第一印象を良くも悪くもしますので、気をつけたいですね。

詳しくはコチラ↓
わきがに効くデオドラントについての解説サイト